主婦が申込めるカードローンの見分け方

カードローンを選ぶとき、そもそも自分がここからお金を借りられるのか、ということが一番気になるところだと思います。
実際には審査を受けてみないことには、借り入れの可否はわからないものですが、前提として貸し付けの対象となるかならないかははっきりわかります。
主婦の方の場合、自分自身の収入があるかないかによって、選べる範囲がググッと変わってきますので注意が必要です。
パートなどにより本人名義の収入がある方の場合は、普通にお勤めをされている方と同じようにどこのキャッシングサービスでも申し込みをすることができます。
気を付けたいのは、専業主婦でご自身の収入はゼロ、というパターン。
この場合、選択肢に入れられるのは基本的に銀行系カードローンだけなのです。

総量規制とは

どうして専業主婦は銀行系のカードローンしか利用できないのでしょう。
これには、「総量規制」という言葉が大きくかかわっています。
この総量規制は、消費者金融などの貸金業者が行う個人向け貸し付け契約を制限したもので、貸金業法という法律に基づいています。
この法律の第13条第1項で返済能力調査義務が定められたことにより、その人の収入を確認したうえで貸し付けを行い、かつその金額は年収の3分の1以内の収めること、が決められました。
貸付残高50万円を超えた場合や、他社分を含めた借入残高が100万円を超えた場合などに、貸金業者は契約者に対して収入証明書の提出を求めなくてはならず、収入の金額によっては新たな貸し付けを制限しなくてはなりません。
つまり「きちんと返せる人にしかお金を貸してはいけない」ということですね。
そのため、この制限を受ける貸金業者は、収入のない人にはお金を貸すことができなません。
一方で、銀行などの金融機関は貸金業法の適用を受けないため、それぞれの基準に基づいた審査にさえ通れば、専業主婦であってもお金を貸すことが可能なのです。

限度額は?いくら借りられますか?

キャッシングサービスを利用する際、いくらまで使える、という限度額がそれぞれの契約で決まっています。
たいてい最初は少額で、利用状況に応じて増額が可能なこともありますが、条件に応じ、業者によって上限の金額が定められています。

専業主婦の場合

銀行系のカードローンを利用する専業主婦の場合、配偶者の年収に基づいて審査を受けるのですが、利用限度額については専業主婦専用の規定を設けられていることがほとんどです。
だいたい一般に10万〜30万までとされており、あまり高額な商品は存在しないのが特徴です。

主婦の場合

パートなどお勤めをされている方は、ご自身の収入額に応じ、各業者ごとの上限限度額の中から設定されます。
低いものでは最大10万円、収入額によっては通常の勤め人と変わらない金額になることも考えられます。
ただし、消費者金融などの貸金業者を利用する場合には、最大でも年収の3分の1までとなります。

家族に内緒で借りられますか?

たとえ仲のいい家族でも、できれば借金は知られたくない、デリケートな問題ですね。
どうしても必要な時、家族に秘密で借り入れはできるのかというと、結論から言えば、可能です。
内緒にするためには、ばれる要素をひとつづつ消していけばよいからです。
一般に家族に知られるタイミングは、契約書類が見つかった、コンビニATMを利用した明細が届いた、家に電話が来る、ローン用のカードが見られた、金融機関からの引き落としが通帳に載っている、というもの。
それならば、契約書類が届いたりしないように申込はインターネット経由で手続きを済ませ、無人契約機や店舗に直接出向いてカードを受け取り、連絡先は個人携帯のみを登録、明細はネットで確認する方法を使って、借入や返済の際に専用ATM以外を利用したりしなければ、書類が自宅に郵送されることもなく、口座の引落履歴も残りません。
こんな風に、意外にも少しの注意で、安心して借り入れができるのです。

申込んだその日に借りれる即日融資の条件

急な出費でとにかく今日中にお金が必要、ということなら、代表的な二つの方法があります。
一つは持っている銀行口座を使う方法。例えば銀行系のカードローンであれば、インターネットを使って申し込み、審査に通れば即日でキャッシュカードを使って融資を受けることができるのです。
もし収入があるのなら、「カードレスな振り込み融資」に対応しているところを選ぶのもおすすめです。
これはネットキャッシングと呼ばれ、即日利用するためには当該の消費者金融や銀行が指定する口座を持っている必要があります。
契約手続きを完了させると自分の口座へ即座にお金が振り込まれるので、自分のお金を引き出すような感覚でキャッシングが可能なのです。
ただし、場合によっては午前中に審査が済んでいないなどの時間的条件のために、融資可能になるのが翌日以降になってしまうこともありますので注意が必要です。
もう一方で、近隣に店舗または無人契約機がある業者を選ぶ方法は、同様に申込をインターネットで行うか、実際に店舗や無人契約機に向かうことで利用できます。
ただし、インターネットで申し込みを済ませておけば、当該業者の店舗に足を運んだ時にはすでに審査も終わっているので有用です。
これなら契約が終わると同時にカード発行を受けられるので、ATMから自由にお金を引き出せます。ただしこちらも対応時間帯が限られているので、店舗などに向かう時間に気をつけましょう。
つまり、契約内容のメリットデメリットや、時間帯、当該銀行口座の有無、店舗や無人契約機の立地が、融資を受ける方法を選ぶ際の主な条件といえます。
カードローン会社を選ぶときのポイントが書かれているサイトです。
おすすめサイト:(⇒専業主婦カードローンMrs.)
各銀行カードローンの比較項目だけでなく旦那に内緒で借りる方法を詳しく知ることもできますよ。